特 徴


 羽毛布団は軽量にも関わらず暖かい。その理由は羽毛が空気を抱きかかえると言う特性を持つ為で、それはダウンボールと呼ばれる。ダウンは鳥の首から胸に生える産毛でボール状になった非常に軽い物で、この原理によりふんわりした布団を作る事が出来る。その結果布団内部の暖かい空気を外に逃がしにくいために暖かさを感じるものである。 羽毛(羽根)布団の中身は時代によって変化してきたが、初めの頃は羽根布団として販売された。中には陸鳥、水鳥の羽根が入っていたが、現代の羽毛布団に比べればふんわり感は全く無かった。その後開発が進み中身にダウンを入れるようになるとその性能は格段に上がり、暖かさが増した。ダウンの生産地は寒冷地が殆どで、寒い地方ほど良質のダウンが採取できると言われている。産地は北欧、カナダ、中国が有名であり、羽毛布団の中にはグースダウンやダックダウンが主に用いられている。